セルライト除去の為の脂肪吸引の失敗例について

 

脂肪吸引のメリットは数時間で効果がハッキリ現れる即効性と、何より脂肪自体を体から吸い取る方法ですのでその効果の高さがメリットだと考えられています。アメリカなどでは施術を行う人が多く、日本でも年々数は増加しています。

 

少ない事例ですが失敗例も報告されています。ただ脂肪を吸引できなかったというものではなく、後遺症も残る失敗例もありますのでもし実施するのであればそういったことも踏まえて検討してみてください。

 

【失敗例1】脂肪吸引のため神経を傷付けてしまった

脂肪吸引は体の中に脂肪を吸い取るチューブを入れますが、そのチューブを入れる際に体の中にある神経に触り傷付けてしまったなどといった失敗例があります。これは神経の場所にもよりますが、深い傷ですと神経がマヒしてしまう可能性がありますので後々の生活に影響が出る可能性があります。

 

【失敗例2】脂肪が吸引できなかった

脂肪の種類も様々でセルライトのような比較的大きな脂肪の塊は吸引できないこともあります。通常であれば脂肪吸引の前にセルライトなどは解消してから脂肪を取り除くことが多いのですが、そういったことをしないで脂肪吸引を行いますとチューブに脂肪が詰まったり、吸引ができなかったなどの事例もありますので注意をしておきましょう。

 

セルライト除去の方法として、美容外科などでは脂肪吸引などが非常に人気があります。

 

 

エステでセルライトを除去してもったほうが効果的で安全

セルライト除去の為の脂肪吸引の失敗例について

エステで行うセルライト対策の施術方法の一つに超音波でセルライトを解消することがあります。この超音波で行うメリットは非常にありますので、是非セルライトに悩んでいる方は行っていただきたいです。超音波というのは振動している波数ですので、それをセルライトに充てることによってセルライト自体が振動して、脂肪が燃焼していきます。

 

これは体の外から行うマッサージなどと比べて、体の内部、セルライトに直接働きかけるものですので効果は非常に高いと言えます。

 

また、最近ではセルライトを振動させるものと、筋肉を振動させるものがあります。筋肉を振動させる機械は筋肉に超音波を当てて筋肉を振動、動かすというもので、運動をしていると同じ効果があると言われています。そのため、セルライトに当てる超音波では脂肪を燃焼、筋肉を当てる超音波では基礎代謝を増加させてセルライトができにく体になれるといったメリットがあります。自宅で行うセルライトの解消方法は数多くありますが、全て体の外から働きかけるものなので、セルライトのように効果は少ないと言われています。